3月20日の卒業まであと数日あるのですが、先ほどかさこさんと面談し、ひと段落させて頂いたので、ちょっと早めに今の思いをまとめておこうと思います。

1、フィードバック

2、目標になる

3、客観的

1、フィードバック

おとなになると、自分の至らない点、不足しているところ、考えが浅い部分などを、フィードバックしてもらう機会が減ります。というよりほぼ皆無ですよね。。。

その点かさこさんからは、宿題提出や質問のたびに、たくさんのフィードバックをいただきました。

詳細はここでは記載しませんが、こちらの思慮の浅さや、とりあえず提出することだけをゴールにしてしまった宿題などは、いち早く見抜かれ、ビシッとご意見をいただけます。

(こちらがあまり考えず、作業的に提出したものは、基本全部バレてます汗)

ふと冷静に考えると、こうしてフィードバックをいただけることなんて、自分でビジネスをしていると「誰も言ってくれない」ことなんですよね。

なぜなら、お客様って、ただなにも言わずにそっと離れていくだけですから、、、

こうして自分の浅はかなところに、しっかり向き合うきっかけをいただけるフィードバックは、めちゃくちゃ的確で温かく、本当にありがたいのです。

これまで2000人以上の塾生を見てきた、かさこさんならではの視点は、自分一人で考えただけでは決して出てこないものでした。

かさこさんのフィードバックは「愛」でできています♪

2、目標になる

SNSでかさこさんと繋がっている方はご存知ですが、いま「なわとび」してるんですよね笑。

それで、たしかちょっと前は朝までトランプしてて、その前は卓球、さらにそのまえはソフトクリーム食べて、、、と、

なぜぼくが、こんなにかさこさんの活動を知っているのでしょうか?

それはもちろん、かさこさんが「つねに発信しているから」なんですよね。

「こんなこと伝えても、もうみんな知ってるだろうし」とか

「これを言われてどうすれば良いか困るだろうな」とか、

そもそも、発信すらしてないのに、言われてもいないことを考え、そのせいにして

「結局何もしない」

という選択肢をとりまくってきたぼくにとっては、発信の目標として本当にありがたい存在でした。

そして、自分視点と他者視点という認識がなかったために、こんな思考になっていたとも気づかせてもらえました。

ぼくがこれから何に興味を持つか分かりませんが、

とにかく「好き」と思えること、

そして「それに取り組む姿勢」などをお伝えできたら、

きっともっと楽しいんだろうなーと、かさこさんは教えてくれている気がします。

これからも、はるか遠くに見えるその背中を追いかけていきたいです。

かさこさんの発信は「好き」でできています♪

3、客観的

これですよ!これ!!

いままでのぼくは”独りよがり”というか”ただ自分がその時やりたいこと”や”言いたいこと”を、

場当たり的に取り組んでいただけ、ということに気がつきました。

その理由は、客観的にみる視点が欠如していたからなんですね。

「客観的にみよう」って、言葉にするとものすごく簡単で

「いつもやってますけど!?」となりそうですが、

まったくできていないということを痛感しました。

そのひとつがかさこさんが仰せの「セルフブランディング」。

自分のSNSで発信していることが、果たして『読み手のために』なっているのか?

それを読んであなたに注文をしたいと思えるのか?

あなたに興味を持ち会いたいと思ってもらえる内容なのか?

この辺りを強烈に考えるようになりました。

個人的な意見ですが、自分を客観的にみるためのいちばん身近なトレーニングが、毎日の「ブログ記事」なのでしょうね。

お陰様で2022年は元日から本日まで毎日継続して75日!

これからも客観的に自分を見ながら、楽しく続けていきたいと思います!

かさこさんの客観的視点は「興味」でできています♪

結論:かさこさんは怖くないですよ♡

かさこ塾オンライン0期は、3月20日で卒業です。

ちょっと早いですが、

かさこさん、そして同期のみなさま、おなじ時を過ごさせて頂き、本当にありがとうございました!!

交流会でお目にかかれることを楽しみにしております!

(リアルでも会えたりするのかしら♪)

次の1期が開催されるかはまだ分かりませんが、開催を楽しみにしております。

参加ご検討されている方は、激しくオススメいたします!

愛に溢れたかさこさんとぜひ交流してくださいね^ ^

それではまた!

おまけ

課題として自己紹介動画つくりましたので、ぜひ見てください♪

動画つくるって楽しい〜♪

1分でジャンボ鈴木の自己紹介↓

1分でジャンボ鈴木の活動理念をご紹介↓

3分でジャンボ鈴木の自己紹介↓

3分でジャンボ鈴木の「つくります」をご紹介↓

友達申請お気軽にどうぞー♪

Facebook

Twitter

LINE公式アカウント(副業支援)