美味しく料理を出す

レストランにとって美味しい料理を出すのは当たり前

それよりも

いかに美味しく料理を出すか

確かリッツ・カールトンの高野さんのお話に

そんなことがあった。

「美味しい」

「美味しく」

一文字しか変わらないが、この差は歴然

いくら美味しい料理を出していても

店が汚い

入店後すぐに反応しない

従業員が仲悪そう(笑)

というのは、

店側は無意識でも、お客様にはきっと伝わっている

飲食店じゃない方だってそう

納期を必要以上に急がせたり

必要以上に値引かせたり

ちょっとしたことでクレームをつけたり

そうやって完成したものって

良い作品でも、

いろんなひとの「怨念(笑)」がのっているのかも…

だから

いかに料理を美味しく出すか

いかに作品も美しくみせるか

注意していきたいものですね

おわり