夢も希望も無い



小さい頃のぼくの夢は

「プロ野球選手になる」

でした。

でもいつしか

その夢をあきらめ、

気がつくと

夢そのものが

無くなってしまいました。

大人になったいま、

若い方から

「将来何をしたら良いか分からない」

という話をよく聞くようになり

ちょっと寂しいと思う反面、

「夢なんて無くて良い」

と言ってしまいます。

一様にビックリされますが(笑)

『夢が無いのは

何でもできるチャンス。

自分の好きなことや

得意なことが分からくても

出会った人が教えてくれる。

そのうちそこから

やりたいことが見つかり、

夢や目標に変わっていく。』

と偉そうに伝えます。笑

でもそれって、

ぼくが自分自身に

言い聞かせていること

でもあるんです。

子供だろうが

大人だろうが

夢や目標なんて

別になくても大丈夫。

それよりも

もっと大事なことは、

『自分に正直に生きる』

ではないでしょうか?

  

☆★☆★☆★☆★☆★

facebook(フォロー歓迎です♪)

twitter(フォロー歓迎です♪フォロー返します)
instagram(フォロー歓迎です♪フォロー返します)

podcast番組〜自分をおうえんするラジオ〜

↑で聴けない方はこちら

【サービス再開】音声CM作成〜ちょいコマ〜
彩繋〜イロドリツナグ〜

あなたのラジオ番組つくります〜Jラジ〜

Kindle版小冊子〜配送員は見た!家庭円満7つのポイント〜

ジャンボのHP〜ジャンボファクトリー〜

★☆★☆★☆★☆★☆★


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください