便利さの代償



Amazonや楽天が

注文から”たった数時間”で

宅配してくれるシステムを

開発したそうですね。

我々消費者からすると

重たいコメや水も

階段を上がって届けてくれる。

家にいながら欲しいものが手に入る

本当に便利な世の中になりましたね。

かたや、

配送業者の負担は増える一方

先日も駐禁の代理出頭を

組織ぐるみで行なっていた配送会社に

捜査が入りました。

これってどういう事でしょうか?

消費者は「便利さ」と「安さ」を求める

一方

販売店は「客数」と「客単価」を求める

その結果どうなるでしょうか???

 

おそらく

製造メーカーと流通業者が

泣くことになるでしょう。

製造原価を下げろ

配送コストを下げろ

と販売店に言われれば

下げざるを得ません。

すると

品質が下がります。

具体的には

製造メーカーは

安心安全よりも

コストの低い原材料を

使います…

配送業者は

より効率的に配送するため

一人で配送し、荷扱いも

雑になります…

これも、我々消費者が

安さだけを追求した結果

なのです。。。

 

では、ぼくたちは

どうすればよいでしょうか?

・買えるものはなるべく店舗で買う

・再配達にならないように

約束の時間にきちんと家にいる

まずはこれくらいでしょうか。。。

便利さや安さばかりを追い続けるあまり、

安心できないものを買わされるのは、

ゴメンですね。。。

 

☆★☆★☆★☆★☆★

facebook

twitter

instagram

podcast番組〜自分をおうえんするラジオ〜

↑で聴けない方はこちら

音声CM作成サービス〜ちょいコマ〜

ホームページ作成サービス

彩繋〜イロドリツナグ〜

あなたのラジオ番組つくります〜Jラジ〜

ホームページ〜ジャンボファクトリー〜

★☆★☆★☆★☆★☆★


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください