意見が違う=嫌い?



正しいことと

自分がピンと来ることって

違いますよね。

 

「言ってることは間違ってないけど、

ちょっと気が乗らない」

「そりゃその通りだけど、今じゃないよ」

となるのです。

 

・風邪をひいたらすぐ薬を飲みなさい

・将来のために保険に入りなさい

・定期的に健康診断に行きなさい

 

 

ぼくがよく言われていた言葉たちです。

誰に言われていたか?

はい、親からです。

これらの言葉って、

おそらく全部あってますよね。

 

 

でもね、全部あってるけど

全部ピンとこない。。。

看護師のジャンボ母は

いまでも現役。

毎日医療の現場で、

大変な思いをしていることと思います。

 

 

でも、

母親に感謝はしていますが、

言っている事を全て聞くかというと

それはまた別の話。

むしろ、

正しいと思うからこそ

自分の意見をきちんと出す時期だと。

「あなたとは意見が違うみたいだね」

と面と向かって言う訓練を

最近ようやくできるように

なった気がします。

 

 
おそらくここで大事なのは、

「意見が違うこと」

「その人を嫌いなこと」

とは全く別のことである。

ということ。

あーいまこうして文字にすると

当たり前じゃん。。。

と感じますが、

以前のぼくはそうではありませんでした。

 

 

“母親はいつでも正しい”

“意見が違う人はキライな人だ”

という思い込みがあったぼくは

 

『母親をキライになってはいけない』

 

となっていたのでした。。。

(これってマザコン?奴隷⁉︎)

 

 

 

今となっては、

ようやく言いたい事を

言い合える仲になりましたが

これまでは、

お互いに

消化不良だったでしょうね…

 

 

 

さあ、週末

母親の顔を見にいこう♪

☆★☆★☆★☆★☆★ 

フェイスブック♪

ツイッター♪

ラジオ番組♪

「自分をおうえんするラジオ」 

↑で「聴けな〜い」という方はこちら

音声CM作成サービス♪

あなたの”ちょっとしたラジオCM”作ります 

「ちょいコマ」

※モニタ募集終了 

ホームページ作成サービス♪

まーしーとジャンボの 

彩繋(イロドリツナグ)プロジェクト

podcast番組作成サービス 

J-radio(Jラジ)

ホームページ♪

ジャンボファクトリー

★☆★☆★☆★☆★☆★


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください