声なき声を聴く


先日8月20日に

出版記念講演にお邪魔した

香葉村真由美先生の著書

「子どもたちの光るこえ」

センジュ出版

改めて読んでみました。

もう何度読んだか覚えてません。。。

そして毎回必ず涙するのですが、

毎回違うところで泣いているようです。。。涙

ぼく自身どういうところに

涙のポイントがあるのか

よくわかっていませんが、

どうやら

 

 

『声なき声を聴く』

 

 

 

というところが

ぼくの大好きなポイントらしいのです。

表面に見えているものだけではなく、

その裏側にあるもっと深いもの

そこに重要なポイントがある

と思うのです。

ぼくには子供がいないので

子育てに当てはめられませんが

人生でも一緒

自分のことでも一緒

だと思うのです。

目の前にいる人の心の奥にある

声なき声を聴く

自分自身の

声なき声を聴く

それが出来たとしたら、

本当の意味での

愛情

が芽生えるんだろうなー

と思うのです♪

まだ読んでいない方はぜひっ!

激しくオススメいたします(*v_v)
***

すでに増刷も決定!

おめでとうございます☆

ドクスメの清水店長いわく

『混んでるディズニーランドより面白い』

だそうです(笑)

***


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください